IMG_6184

栃木でのプロジェクトで現地確認へ行った際、クライアントのオーナーが大谷石採掘場の跡地へ連れて行ってくださいました。栃木県は日本では数少ない軽石凝灰石の一種「大谷石」の採掘場としても有名。現在でも採掘を続けられている会社はほんの僅かとなり、大きな採掘場跡は資料館として管理されています。地下採掘場の天井を崩落させることなく掘り進めるために規則的に残された壁とぽっかりと空いた穴空間の比例リズム、採掘時に自らの居場所を確認するため空間天井部に作られた立孔、手掘と機械掘の痕の違いなど、古くは6〜7世紀から古墳の裁量としても利用され、100年ほど前にはフランク・ロイド・ライトが帝国ホテルの壁面材として利用した石材とその歴史の痕は、人間の英知と地球の力強さの蓄積として、地層とともに堆積しており内部は感動的な美しさ。資料館の山の反対側には小さな跡を利用した天然の米蔵も存在し、庫内は湿度70パーセント気温13度と抜群の天然冷蔵庫。近くには跡地を利用したハムメーカーもあるそうで一度食べてみたいなぁと。
大人の社会科見学も、今のように様々な土地の方からお声を掛けていただき、旅をするように仕事の出来る醍醐味。

IMG_6180 IMG_6203


have your say

Add your comment below, or trackback from your own site. Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

:

: