CLT

2016.08.5

160805CLT
鳥取県産業技術センターからの依頼でCLT(cross laminated timber)(日本語では直行集成板)パネル、その中でも厚み36mmの国産材3層パネルではトップシェアを持つ鳥取県内の企業へ行ってきました。ヨーロッパで開発されたこの工法、これから日本ではどんな可能性があるのか。パネルの特性やこれまでの展開、そしてこれから目指すべき方向性や可能性をヒアリングしながら、そして工場見学を通して現在の製造ラインの持つ特徴を把握。パネルの持つ長所短所を探りつつこれからどんな事ができるのか。本来の開発目的である構造用建材としてだけでなく、建築から家具まで幅広く新たな可能性も探ることで楽しいプロジェクトとなりそうです。一緒に楽しみながら考えてくれる方も誰かいないかなぁ。。

 


have your say

Add your comment below, or trackback from your own site. Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

:

: