project

3651
3692
3397
3672
3655
3716
3954
4105
4099
3129
3989
3175
4080
3172
3748
5662
0399
3553

ブランズタワー御堂筋本町

interior_2018

古くから水路と陸路の発達により物流拠点として東西南北に発展してきた街大阪は、時代の流れとともに現在では、地層より天空まで四方八方に、ラディカルに、立体的に発展を続けています。 土と水、過去と未来、四方八方、光と陰、西洋と東洋、人とひと、視線と動線。そんな様々な要素が入り乱れながら縦横無尽に堆積・交錯する大阪の街。今回の空間デザインでは、そんな大阪の街で古くから親しまれてきた大阪格子(表面が竪繁の格子戸、裏面にはケンドン式の小障子が入る建具)という二重格子をデザインモチーフに、時間の変化や住まう方々それぞれの視線動線により様々な表情を持つレイヤーとして機能する高さ4mの二重格子が空間全体が柔らかく覆うデザインとしています。 tgd_gaku

←LIST