project

200325_apkbo_001
200325_apkbo_002
200325_apkbo_003
200325_apkbo_004
200325_apkbo_005
200325_apkbo_006

BAKE CHEESE TART / KAGOSHIMA

interior_2020

日本全国に展開するチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」の最新店のデザインである。

新しい店舗は、日本の最南端に位置する鹿児島県に完成した。
鹿児島県には地理的に大きな特徴が2つあり、一つ目は県の中心に位置する湾「錦江湾」を馬蹄型に囲む独特の地形であること。二つ目は現在でも噴火活動を続ける日本を代表する活火山「桜島」を有すること。このインパクトのある山の形状や湾の形状は、その地域で暮らす人々の心に染み付いた形であり、そのシンボルである「地理的特徴」からインスピレーションを受けた形をデザインに落とし込むことで、自然と店に愛着を持ってもらうことが出来ると考えた。

その外観は、いびつな形状のテナント区画に沿って、緩やかに弧を描く、上部がモルタル調塗装で下部がガラスの曲線壁とし、人の動線に沿いながら、ガラスと上部壁の境界ラインが山の稜線のように徐々に斜めに上がっていくデザインとしている。

斜めに走る壁とガラスのシームレスな切り替えは部分は、サッシレスの細かなデザインディテールを施すことでモルタルの下がり壁を際立たせ、かつガラスの存在を極力排除することを目的に行なっている。そのことで、山の起伏をイメージさせると同時に店舗のファザード自体に新しさと驚きを同時に与えることが可能となった。

(ガラスは従業員とお客との心理的な距離には不必要だが、衛生上や感染防止のためには必要であり、なるべく目立たないように細かなディテールをデザインしている。)

また下がり壁とガラスのシームレスな切り替えは結果的に、大きなガラスが目の前に存在する客の心理的な圧迫感を排除すると同時に、衛生的であり、かつ昨今の「新しい生活習慣」に基づく飛沫感染を防ぐことにもなり、客の心理的な負担を軽減する役割も同時に担うこととなった。

タルト自体はランダムな方向に生える木々をモチーフに、枝のような白いスチールの脚に支えられ、宙に浮かぶようレイアウトしている。また同時に足元をオープンにすることで、店内を清潔な空間として見せている。

TGDA_gaku

 

 

←LIST